2012年04月09日

とちおとめの特徴も知っときましょう


そもそも「とちおとめ」とはどんないちごでしょう?

栃の峰」という女峰系のいちごと「久留米49号」といういちごを交配して作られた新しい品種のいちごです。

いちごの好みも年々変化していくみたいで、消費者の声は生産者を動かします。

大きくて甘いいちご。
だいたいの人はそんないちごが好きですよね。

そのようないちごを作ろうという努力が実り、酸味が少なく、甘みの多い品種ができました。

女峰」に代わる主要品種になるものとして期待されています。

っていうか、女峰よりとちおとめの方が断然美味しいですよね。

いちご自体がとても甘いので、砂糖やコンデンスミルクを使わずにそのまま食べるのがおすすめです。


私が小さかった頃って、いちごといえば砂糖かコンデンスミルクが必需品でしたが、最近は全く使いません。
それでも食べすぎはちょっと気になります。

とちおとめのようにお腹を大きく品種改良してはいけません。

ダイエットのよい方法をお探しの方には、ステキなメルマガがあります。
無料で購読できるのですが、結構ためになるノウハウがぎっしり詰まっているみたいですよ。

気になる方はこちらから是非どうぞ。


posted by とちおとめイチゴ狩りマニアちゃん at 10:42| とちおとめ特徴 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。